物忘れ予防のために脳を使おう!

トップページ
お気に入りに追加

物忘れ予防のために脳を使おう!

物忘れがひどいと感じているようなら一度生活を見直してみることも大事なことになります。

現在は様々なことがとても便利な時代となっていますから、ちょっと困ってもパソコンなどを利用して調べればすぐに答えを出すことができたりします。

例えば漢字などもその一つです。実際に自分で紙に書くということが少なくなりパソコンなどで、すぐに漢字に変換することができますから考えることがありません。

もっと言えば、ごはんを作るという作業でも同じことが言えるのではないでしょうか?

lollllll

冷蔵庫に入っている食材を見て、「さて、何を作ろう」とどんなものを組み合わせたらと考えこともなくパソコンで残っている食材で作ることができるものを検索することも出来てしまいます。

面倒になれば惣菜などを購入してくればよいということになります。つまり考えることが少なくなってきているということです。

これは仕事でマニュアル通りの仕事をしているということでも同じことが言えます。

何かを考えて自分で動くのではなく教えられたことを、ただただ繰り返すということもありますから、いかに脳を使わずに生活しているのかがわかります。

無理やり脳を使う!

便利なアイテムがたくさんある現在ではついつい脳を働かせずに生活してしまっていることも多いのですが、ちょっとした工夫をすることで脳を使うことができます。

例えば買い物です、食品を買うときなどお財布にどのくらいのお金を入れているでしょうか?

足りなかったら困るからということで多めに入れているということも多いでしょう。

ここで思い切って必要ギリギリのお金を入れておくようにし、買い物しながら計算していくという方法もあります。

お財布に入っている金額で買うことができるように計算しながら買い物をすることで、単に計算するということだけでなく、本当にこれは必要なのかということも考えながら買い物をすることができますから脳を働かせることができます。

このように生活の中のちょっとした工夫で脳を働かせることができますから、物忘れは年のせいなどと諦めてしまわないように工夫することも大切なのです。